2010年04月30日

おいらの携帯ディセプティコン


 コスパさんからTシャツと転写ステッカーが届きました。
 早速携帯にディセプティコンマークを着けてやった! なんか説明書が微妙に分かりにくくて、書いてある通りにやろうと悪戦苦闘していたら位置がズレたorz でもまぁ満足。贅沢を言えば映画デザインのマークが良かったな〜。
posted by 星路 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRANSFORMERS

2010年04月29日

はやぶさ、君を忘れない

 HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- 観てきたよ!
 感動のあまり2006年に発刊された吉田武先生の「はやぶさ」も買ってきたよ! 新書版なのでささっと読めるかと思いきや、1頁読む間にはやぶさの最期が何度もフラッシュバックして涙が溢れて全く進まない罠!
 まえがきに "最も重要なのはキセノン・ガスの残量ではなく、皆さんの応援である。「はやぶさ」は人の情熱を推進剤とした、世界初の探査機なのである" と書いてあります。ありえない事ですが、そうに違いないと思えるのがすごい。
 ロボコンとか見てると機械を思い通りに動かすのって本当に至難の業なんだなーと思うのですが、宇宙空間でたった1機、緻密に計算された軌道を進み、仕事をして帰ってくるとは尋常じゃないよ。しかも2度も通信が途絶えて行方不明になりながらまた復活するとは、こいつただの機械じゃない!と思うでしょう。
 そしてこの物語のキモは、はやぶさがカプセルを地上に投下したのち、自分は地上に到達する事なく大気圏で燃え尽きる予定であるというところでしょう。もうカプセルに小惑星のかけらが入っていようといまいと、そんな事はどうでもよくなります。もう充分やってくれた。無事に帰ってきて欲しい、はやぶさ。

 天文学や科学技術にあまり興味の無い人でも(私がそうですが)楽しめると思うので、ぜひ観て欲しいです。彼が帰って来る前に!
 あと「府中はフルバージョン」って聞いて何の事かと思って今更確かめたら、43分のフルバージョンと26分のショートバージョンがあるんですね。各施設ごとに○分バージョンってちゃんと書いてあった。


 府中にあったはやぶさ模型。
posted by 星路 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2010年04月28日

ミュージカルガンバ

Musical『冒険者たち』
 なんぞこれー。プラネタリウムの情報見ようとしたら見つけてしまった。ちょっと気になる…行ってみようかな…。ガンバはそろそろ実写映画化して欲しい。

 昨日今日とまたけっこう激しい雨でした。ほんと雨が多い。今年の夏はどうなるんだろう。冷夏は嫌だなー。
posted by 星路 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2010年04月27日

拍手お返事と第9地区

 拍手たくさん有難うございました〜!
 以下お返事です。

>続編あるみたいですよー。
 第9地区の続編あるんですね! 教えて下さって有難うございます。面白かったですよ〜。DVDとか出たらぜひ見て下さい。エビちゃんキモかわいいですよ!


http://cia-film.blogspot.com/2010/04/review-9mr.html
 教えて頂いたレビューを読んでみたら全てにうんうんと頷けました。野良犬や野良猫みたいな扱いをされてる宇宙人て、確かにかつてなかった(笑)。すごいシュールでしたよね。猫缶に夢中で猫缶詐欺に遭う宇宙人は萌えです。
 続編を作って欲しくないっていうのもすごい分かります。名作というのは続きが観たくなるような余韻を残して人々の心に刻まれるものですが、この映画にはそれがある。

 ヴィカスはほんとムカついたけど、クリストファと息子が母船に戻っていくのを見る彼の表情はとても良かった。泣けた。クリストファは一人だけなんであんなに知的で冷静で英雄的だったのかな〜。明らかに他の連中より頭良くて色んな技術を持っていたし、生まれや育ちが違うのだろうか。続きで謎が解けたら嬉しいけど、とりあえず台無しにならない事を祈ります。

2010年04月26日

あと2回


 写真模写途中。こういうのって水彩はあんま良くないんですかね。油とかの方が合うのかな?
 来月いっぱいで絵画教室を止めます。もう気力が無くなった…またそのうち戻るかも知れないけど。とりあえずこいつを仕上げて終わりたい。

 忙しくて放置してあったウルジャンをやっと読めた〜。露伴ちゃんはなんであんなまともなんだ(笑)? 若い頃だけかと思ったら、ずっとまともなままだったぞ。フランスが舞台だから猫をかぶっているのだなきっと! 面白くなってきたので次が楽しみです。早くフルカラーのやつが見たい。

 あっ、あと昨日アイアンマン2の新しい予告見たけど、ノリノリのマーク3に吹いた。何やってんだ社長w ポッツ君いて良かったねポッツ君! 一時は降板かと思って心配しましたよ〜。
posted by 星路 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵修行

2010年04月25日

第9地区

 やっと観てきた〜! 期待していたほどではなかったですが、かなり面白かったです。
 以下少しネタバレな感想。

 アバター的な展開を期待していましたが、主人公ヴィカスはそれほど良い奴ではなかった。割と最後の方まで(パニクっているとは言え)自分勝手な奴でムカつく感じでしたが、最後はヒーローらしく華々しく散ってくれたので良かったです。死んでないって。
 エビもエビで、とても可哀想!保護しろ!とは思えない野蛮さ。スラムの黒人ボスも、味方か何かにでもなるかと思ったけど全くそんな事はなく、主人公を食おうとする始末。要するに良い奴が殆ど出てこない、殺伐とした映画でした。
 エビ側の主人公と息子が唯一良い奴だったような。エビぼうやはすごい可愛かった。しかも優秀! 親子で無事に帰って幸せに暮らして欲しいです。

 私は殺伐とした話が苦手なので若干スッキリしませんでしたが、映画としてはとても面白かったと思います。あんな終わりなので続編を作ってほしい。ファンフィクでも良いから続き見たい! と思いました。
posted by 星路 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2010年04月24日

プロフェッサー

 学生時代の部活の顧問の先生が教授に昇格したので、部員のOBで集まってお祝い会をしてきました。
 15年も経つのに、本当にみんな変わらないです。顧問を筆頭に、子どもがそのまま大きくなった感じで(笑)。という訳でとても楽しかった!

 そんで昨日書いたHAYABUSAの事を教えてくれた人に会ったので話を聞いてみたら、「めっちゃ泣けた! 映画とかで号泣したのは人生で2回くらいしか無いけど、そのうちの1回がこれだ」って言ってました。
 えええそういう話なのー!? 是非とも早いうちに行かねば。ちなみに府中はフルバージョンで観れるので一番良いそうです。聞いて良かった。

 第9地区も前売り券あるのにまだ行ってなくてやばい。早く行かないと終わってしまう〜。
posted by 星路 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年04月23日

はやぶさ

全天周映像HAYABUSA
 ちょっと前に教えてもらったんだけど忘れそうなので書いておく。
 HAYABUSAが何か知らないんですが(笑)全天周映像スキーとしては行っておかねば。一番行きやすい所で府中かな〜。
 そういえばこの前ウメを見に行く所を探してたらこの場所を見付けて、調べたらプラネタリウムもあると知って「行ってみたい!」と思った所だ。と、今思い出した。ぜひ行かねば。
 サンシャインとか多摩六とかではやらないのかな?
posted by 星路 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2010年04月22日

お告げがあった

 今日はやたら夢を見た気がするのですが、覚えてる2つが閣下とプロールの夢だった。すごいハイテンションな目覚め。
 プロールはなんか等身大のおもちゃ?でスゲー格好良くて、夢の中でも私はカメラ小僧だった(笑)。きめえ。
 これはアニメイテッドはプロールで行けという悪魔のお告げに違いないんじゃよー。おもちゃ買おうかな?
posted by 星路 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年04月21日

グレート・ダンス

 地球映像フェスティバルの感想を途中まで書いて放置してあるのを今見つけた。とりあえず1作品だけ。

『グレート・ダンス』
 中央カラハリの先住民・サン族の話。
 狩猟民族の彼らは動物の足跡などを読む能力に長けています。「チーターの足跡の上にサソリが歩いた跡がある。サソリは夜這い回るので、チーターが通ったのは昨日だ。」そのそばに雨粒の跡を見て、「この前雨が降った時からここにいるチーターだ」などと分かるらしい。チーターが狩りをした跡を「誰の推理が一番正しいかな?」と言いながら追跡するハンターたち。なんというホームズ。彼らは見事に獲物を捕らえたチーターに追いつき、チーターを追い払って獲物を横取りしました(笑)。ハイエナに横取りされるわライオンに横取りされるわ人間にまで横取りされるわ、チーターさんざん!
 ちなみに狩りが一番上手いのはチーターで(横取りされまくっても食っていけるくらい上手い)、ハイエナもそれに負けず劣らず上手いらしい。ライオンはけっこう下手くそで、ハイエナやチーターの獲物をよく横取りする。チーターはハイエナに横取りされてもあまり怒らないけど、ライオンに横取りされるとすごい不満げらしい。(羽仁監督談。)ライオンが横取りキングだって知ってるんだろうか(笑)。
 サン族のハンターたちは毒矢を用いたり色々な方法で狩りをするのですが、長距離ランナー型の狩りが特に物凄かった。
 暑い日に(暑ければ暑いほど狩りをするのに良い、と言う)、草食獣のスプリングボックスを6時間走って追い続ける。人間と野生生物の持久力の戦いです。疲れ果てて一歩も動けなくなったスプリングボックスに槍を突き刺し、息絶えるのを見守る。壮絶です。見るもの、感じるもの全てがスプリングボックスと一体になるのだ、と彼は言いました。
 しかし彼らはこの映像の撮影後、政府から禁じられ狩りをする権利を失いました。だんだん生きものがいなくなり、彼らがこういった伝統的な狩りで生活するのは困難になっていましたが、むしろそういう文化を保護するのが自然保護なのでは? 自然と共に生きる者から自然を奪うのが自然保護なの? 普通は先住民には狩りの権利を残すものだと思っていましたが、おかしすぎる…。

 という、ものすごく面白かったけど悲しい終わりの作品でした。文化や民族が絶滅していくのを見るのは、本当に辛い。

2010年04月20日

日記っぽい日記

 健康診断の結果が来た。久々にオールAだったぜやったぜベイビー! 肩こりは寝込むほど酷いけど、その他はいたって健康です…。

 うちの近所を縄張ってるウグイスが、だいぶ歌が上手くなってきました。数年前にいたウグイスの絶妙な歌声には及ばないけど、玄関先で良い声で鳴いてくれます。でも5時過ぎくらいに鳴き始めるので、もうちょっとゆっくり寝かせてくれ〜と思う(笑)。

 昨日JWFFの方に聞いたんですが、今年の『世界自然・野生生物映像祭2010 in 東京』は9月19日(日)、20日(月祝)だそうです。場所も聞いたと思うんですが忘れた。
 しかし20日は川崎で聖飢魔IIの黒ミサだよ。なぜ重なる。チケット取れますように!


 横から見ると顎の長さが歴然としますね。
posted by 星路 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年04月19日

ハチ戦争

 JWFFの定期上映会に行ってきました。今日は大好きなハチ! イギリスのBBC製作ですが舞台は日本で、オオスズメバチが主役でした。
 子どもの頃オオスズメバチに刺されてから何故かこのハチの虜になってしまった、という日本の僧侶が出てきます。ランを育てるのが趣味で、そのランを利用してニホンミツバチの養蜂もしています。
 「ミツバチはランの花が大好きで、空の巣箱のそばにランを置いておくとミツバチが居つく」って聞いていたのですが、実ははランの匂いはミツバチの天敵であるオオスズメバチのフェロモンに似た匂いを出しているらしい! ランの花を攻撃するついでに、花粉を運んでくれるという訳です。ランと巣箱にやってきたハチが一旦帰って行き、仲間を引き連れて大群で戻って来る様子がすごかった。ランぼろぼろ。
 オオスズメバチはミツバチを襲いますが、セイヨウミツバチは撃退する術を持っていないので(彼女たちの故郷にオオスズメバチはいなかったから)かなり被害が大きく、一度に数十万匹もやられることもあるようです。僧侶の彼も自分のミツバチかま襲われるのは心配ですが、オオスズメバチを駆除したりはせず、自然の摂理にまかせ見守ります。
 ニホンミツバチはオオスズメバチを撃退できます。やってきたオオスズメバチに群がって体温を上げ、ハチ団子で蒸し殺します。オオスズメバチの致死温度は46度、ニホンミツバチの致死温度は50度なので、この差を利用するのです。しかし最初にやってきたオオスズメバチを取り逃したら仲間を連れて大群で襲ってくるので、そうなっては勝ち目がありません。最初の1匹を生きて帰すな!って感じで凄い。やっつけた後も、必死にオオスズメバチの仲間を集めるフェロモンの匂いを消していた。
 オオスズメバチも壮絶な一生ですね。女王はフェロモンで巣を統率していますが、寿命が近づきそのフェロモンが枯れてくると、自分の群れに殺されます。自分の子どもたちに。その後は働きハチもお互いに攻撃するようになり、巣は崩壊します。最後に残るのは次の世代の女王とオス。また春に新しい巣を作りに飛び立ちます。

 ほんとにジャパニーズ僧侶かっけぇぇ! ジャパニーズワイルドビーかっけぇぇ!って感じで面白かったです。ミツバチかわゆす。ニホンミツバチ飼いたいな〜。ニホンミツバチは滅多に刺さないので、素手で触れるんだって。ハチ球に顔突っ込んでモフモフしたい!
Youtube/スズメバチ戦争
ついでにお気に入りのハチ萌え動画

2010年04月18日

フィリップ

 昨日十条で『フィリップ君を愛してる』のパンフレットを持ってきた方がいて、すごい良いですよ〜との事だったので、やっぱり観たい!と思って行ってきました。ギリギリ駆け込み。
 ジム・キャリーは相変わらずすごいですね。ユアン・マクレガーのフィリップはめちゃ可愛くて、これは幸せにしてやらなくてはと思う! 最初から最後まで詐欺、詐欺、詐欺って感じでハッピーエンドとは行かないし下ネタもキツい。でも良いラブコメだと思います。

 新宿ピカデリーの混雑ぶりが半端なかったです。様子をすっかり忘れてて、20分くらい前に行ったら案の定チケット購入が間に合わず、入場が数分遅れてしまいました。休日は最低でも30分前に行かないとダメですねあそこは。
posted by 星路 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2010年04月17日

露伴ちゃんきた!!

 録画したアニメイテッドを3回観た後、また十条に行ってってきたよ。


 昨日フランスアマゾンさんから "Rohan au Louvre" が届いたので御披露目会です。何というジョル誕プレゼント。ありがとうアマゾンさん! フルカラーめっちゃ良いよ…! 半端なネタバレが怖くてウルジャン掲載分しか見れないけどね!
 そういえばフランス語だとロアンちゃんですね。イロイコのロアンちゃん。
posted by 星路 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 荒木飛呂彦
000