2013年07月17日

ナポリ〜ローマ

 6月30日、カプリ島からナポリ港に戻り、バスでローマへ。
 ガイドのおばちゃんが渋滞に巻き込まれないか心配してましたが、かなりスムーズに行けました。

 翌日は午前中の便で日本に帰るため、ローマを見て回る時間はこの日の夜しかありません。
 コロッセオとブチャラティが昇天したサンタンジェロ橋を見たかったのですが、夜の22時とか回ってて非常に気乗りしないのと、旅の途中で買ったトスカーナのサラミとワインを消費しなければというのがあって、D氏に探索を任せ、私はホテルに残る事に…。
 なんか中途脱落したフーゴの気分! しかもワインオープナーとナイフをD氏が持って行ってしまってワインとサラミ食えねーじゃん! 一緒に行けば良かった…とモヤモヤしていたら、なぜかD氏が早々と戻ってきた。

「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ! 俺はローマ駅からサンタンジェロ橋を目指して歩いていたと思ったらまたローマ駅に戻っていた。何を言ってるか(略)」
 そして「ならば地下鉄で」と思って地下鉄に行ってみたら例によって自販機がお金を受け付けず、諦めて戻ってきたそうな…(笑)。
 じゃあコロッセオだけなら歩いて行けるしちょっと行ってみるかと、また夜中に出歩いてきました。


 こんな所を通って行きます。なんか出そう!





うまく写真に写りませんが、夜のコロッセオ。


 凱旋門も格好良いです。次は昼間に来るからね…!

 そして戻ってきてシチリアのネーロワインとトスカーナのサラミをきっちり片付けた。(ちなみに肉類は日本に持ち込めないので、消費できなければ捨てるしかない。)
 このトスカーナのサラミはスーパーでうっかり見つけたもので、直径5センチ、長さ15センチくらいで10ユーロしなかったと思います。前日にE君とK氏に手伝ってもらって半分、この日に残りの半分を2名で食べ切りました。血圧上がりそう…!
 サラミとか生ハムはけっこういくらでも食えるのがヤバい。酒のある限り食い続けていられる。
 さらにイタリア時間の7月1日午前3時くらいに東北大の飛呂彦先生の講演の申し込み受付が再開するというので粘って起きて申し込み、気絶するように眠りました…。


 そして翌朝すっかり食欲をなくす。

 昨日のバスガイドのおばちゃんのお役立ち情報で、ローマから空港への移動について色々聞きましたが、アリタリア航空を利用するならアリタリアのシャトルバスが良いよと聞きました。
 運賃が7ユーロ(電車の半額)で、アリタリアが運営しているので万一バスが遅れた場合でも飛行機に待って貰ったり融通が効くかもしれないとの事。
 バスチケットを買う場所が分からなかったのですが、バスを見つけたので行って聞いてみると、バスの中で直接お金払えばいいよと言われてひと安心。飛行機のチケット番号などを登録して乗せて貰いました。ここのバスのスタッフは愛想良くて親切だった。
 空港までの途中、車がずっとクラクション鳴らして追いかけてきて何かと思ったら、バスが接触したか何からしい。バスの運転手も相手の車の運転手もかなり高齢のおじいちゃんで、ゆっくりゆっくり歩いて見に行ったりしてて「こりゃ何十分もかかるのかね…?」と不安になりましたが10分くらいで話がついたのか運転再開。最後まで何があるか分からないぜイタリア…。

 ローマ空港ではお土産など物色。「←Gゲート7分」みたいに案内がありましたが、とんでもねえ…15分はかかった。しかもモノレールっぽいものに乗ってゲートに移動、そこからバスで飛行機搭乗口へ。
 イタリアでは30分前行動は必須だと思いました。


 飛行機は出発が30分くらい遅れましたが、直行便なの安心。翌朝、日本時間の7時40分くらいに成田に到着しました。
 往きは元気だったので12時間のフライトが長くて長くて拷問でしたが、帰りは少しウトウトしながら来たせいか、そんなに長く感じなかった。
 心配していた飛行機頭痛も起こらなかったのでホッとしました。また行きたい!
posted by 星路 at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか

2013年07月16日

ナポリ2日目〜カプリ島

 だんだん記憶が怪しくなってきましたがイタリアの話。

 6月30日、ナポリを発ってカプリ島へ。バスでベヴェレッロ港に行き、旅行会社に手配してもらったカプリ島ツアーに合流します。
 ネットで調べたら地下鉄よりバスの方がスリとか多いらしいですね。午前中だったせいかほとんど地元の学生やお年寄りって感じでしたが、時間によっては混んで危ないのかなー。

 港に着いたら日本語流暢なイタリア人お姉さんのガイドが出迎えてくれました。他のお客さんは皆ローマからバスで来るようで、ナポリから参加は私とD氏2名だけでした。全部で26名らしい。
 ここで見送りに来てくれたE君とK氏に別れを告げる。アリーベデルチ、次は日本で会おう!
 ガイドのお姉さんに「ローマからのバスが少し遅れてるみたいです。船の切符を買ってくるので、他の人達が到着するまでここで待っててね」と言われて搭乗口辺りで待っていると、しばらくして他の方々が到着。
 なぜかバスガイドのおばちゃんが到着するなり「2人が遅れるとみんな遅れるんですからね! 少し遅れただけで1時間2時間遅れてみんなに迷惑がかかるんですからね!」と説教が始まる。ここで待ってろって言われたのになんで怒られなきゃならんのじゃー! 遅れたのはてめーらだッ! と思いつつ時間がないのでハイハイと聞いていたら3回くらいリピートするので「分かりましたから!」と制止して搭乗口に急かす。
 しかし、どうやらこのおばちゃんはずっとこの調子らしく、別に私たちが叱られていた訳ではないらしい。第一印象が最悪だったのですが、帰りに再会してみると時間にうるさいだけで世話好きの(ちょっと喋りすぎだが)めちゃめちゃ良いガイドなのだった。帰りのバスでは有益な情報満載で「やべえこのおばちゃん最高!」となりました(笑)。



 そんなこんなで高速フェリーに乗ること50分くらい、カプリ島に到着。
 すごく良いお天気でしたが、残念ながら波が高く青の洞窟は入れませんでした…。昨日も同じような天気でしたが、E君とK氏も入れなかったとか。入れる率は50%以下で、5回来て5回とも入れなかった人や、3回来て3回とも入れた人などがいるとの事で、完全に運のようですね。
 代わりのプランとして、ガイドさんに「山に行きたいですか、やっぱり海が良いですか」と聞かれましたが満場一致で「海!」。島の周りをボートで巡るコースになりました。ガイドさんいわく、青の洞窟よりこっちの方が楽しいですよとの事。確かに洞窟は並んでちょっと入って終わりっぽい…。


 そしてやはりめちゃめちゃ楽しかったクルージング! 近くの小さい洞窟とか2、3ヶ所巡りましたが、青の洞窟でなくとも充分青くて美しかった。
 大学生っぽい女の子たちがキャッキャしてて可愛かった。おぱんつ丸見えだよお嬢さんキャッキャッ!
 操縦士は物静かなイケメンイタリア男だった。


 透明度が高い!
 カプリ島の上のほうにある茶色いホテル、5つ星よりも上のランクのホテルだそうです…。いったいどんなサービスがあるのだろう! 未知の世界だわー。

 クルージングの後はお昼。窓から海見えるレストランでしたが、他のお客さんが6人グループとか多めの人数だったので窓際の大きめの席に着き、私とD氏はもう一組の男女と一緒に少し奥の4人テーブルに座らされた。
 なんかちょっとアレな対応だねーとぼやきつつ、一緒になった方とどこに行ってきたか等の話をする。ここで我々は一般の方を相手に正直に「漫画家の原画展を観に来た」などと言うとドン引きされるかもしれないのでためらうところなのだが、あえて荒木飛呂彦先生の原画展のために来たとお話しました。
 そしたらなんと男性の方がすごいジョジョファンだった(笑)。何なのこの引力! 男性が以前イタリアに来た時の、コロッセオで表紙再現とか、サンジョルジョ・マッジョーレの船着き場とかの写真を見せて頂き、楽しくお話しました。変な席に隔離されて良かった(笑)!
 この後お2方は我々とは逆ルートでこれからフィレンツェ、ヴェネツィアに行く予定で、女性の方はイタリア初めてという事だったので、ぜひ原画展とサンジョルジョ・マッジョーレに行くように勧めておきました。

 バスツアーとかって参加したことなかったですが、とにかくお土産屋に連れて行かれますね(笑)。カプリ島で2ヶ所、ローマまでの道のりで1ヶ所立ち寄りました。
 カプリ島では一応最後のお土産屋が終わったらフリータイムだよという事でしたが、時間もないので途中で抜けて良いか聞いてみると、ガイドさんも分かっているようで「他の所も行ってみたいですよねー」と苦笑い。
 集合時間を聞いてからケーブルカーに乗り、カプリ島に来た真の目的である、ポルポの遺産が隠してあるトイレへ!


 トイレへの入り口はケーブルカー出口近くにありました。私は男子トイレに入れないので写真はD氏におまかせ(笑)。

 無事財宝を回収した後、ケーブルカーで戻ろうとたら切符が片道切符だった…。今まで買ってきた乗り物チケットは時間制だったので、これもそうかと思った。ずいぶん並んだ後で時間も迫っているので、また買いに戻るのかよ! と絶望しましたが、ケーブルカーは頻繁往復していたので何とか間に合った。
 まだ時間があったので、港の入り口辺りにあった露店でアーモンドを大量に買って帰りました。1袋100gくらい入ってて1.5ユーロだったので狂喜。連れていかれる土産屋より、露店とかの方が安くてうまそうなもの売ってる。

 ローマの話は長くなるのでまた今度。
posted by 星路 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか

2013年07月15日

ホワイトカラーシーズン3

 ホワイトカラーはシーズン2の最後でニールが財宝を奪ったとピーターが疑うという不穏な話で終わる。だが財宝をかすめ取ったのはモジーなのだった…。
 ニールはFBIに協力する堅気の生活にすっかり馴染んでいて、ずっとこのままでいたがってるようですが、モジーはあくまでも詐欺を職業として、隙あらばニールと共に逃亡したがってる様子。
 シーズン3ではそんなモジーの生い立ちなどが語られてます。モジーも更正するといいんですけどね、それじゃあつまらないしね〜。
 ニールがついにケイトのことをふっきって新しい恋人を作ったけど、なんかぎこちない…。まぁ観てる方としては面白くない。ニールは詐欺師のくせにケイトに一途で、ケイトのためなら何でもするってところが萌えだったのにー!
posted by 星路 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2013年07月14日

プール

 朝起きてパンとスープを食べた後また昼近くまで寝てたら、脱水気味になって動けなくなってきてヤバかった。夜になってもまだ少し頭痛が…。

 今日もスポーツクラブに避難して、2時間くらいプールやジャグジーに入ってふやけてきた。
 かなり久しぶりにクロールをやってみたらまぁ何とか泳げた。だが鼻に水が入って痛い…。

 風呂に入ってる間にひと雨降ったようで地面が濡れてて、また降りそうだなーと思って駅に急いだら、着いたとたんにスコールと雷が! 危なかったぜ…。
 ご飯食べてる間に止んだみたいですが、家に着く直前にまた降ってきて、結局少し濡れた。
 これで涼しくなってくれると良いのですが…。明日はスポーツクラブお休みで避難できないよ。
posted by 星路 at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツクラブ

2013年07月13日

筋トレと整体

 1週間ぶりに筋トレ。なんか調子良くて、いつもよりウェイト1個くらい上げても大丈夫だった。
 暑いから水泳も久しぶりにやろうと思って耳栓とか新しいの買って持って行ったら、帽子とメガネ忘れた…。仕方なくウォーキングだけやった。
  水温高めですが屋外プールは涼しくて快適。地上は暑いけど、5回だと気温低い気がします。やっぱりコンクリートが熱を発してるんでしょうね…。

 帰りに久しぶりに整体行ってきました。せっかく鍛えてるのに、歪んだまま筋肉付いたらもったいない…!
 腰とか股関節を重点的にやってもらったら、劇的に腰の痛みが無くなって感動。
posted by 星路 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツクラブ

2013年07月12日

寒い暑い

 会社は寒くてタイツはいて上着を着ているけど、家ではぱんつ一丁さ…。今日はあまり日が当たらなかったので室温38か39℃くらいです。割とエアコンききやすい。

 昨日見たホワイトカラーを英語字幕でもう1回見る。全然分からんけど。
 メンバーの過去の話ですが、ピーターの愛犬サッチモの子犬時代が超キャワイイー!
 モジーはヅラを被ってましたが、ヅラ無い方がハンサムと言われてやめたらしい。ハゲの方が良いよね!
posted by 星路 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2013年07月11日

筋トレに行こうとしたが

 激しくやる気無くて風呂だけ入って帰ってきたという…。ダメすぎる。

 ホワイトカラーシーズン2の7巻まで見ました。ケイトやっぱ死んでたわ…。
 飛行機の爆破前に脱出するはずが、間に合わなかったらしい。わかりづらい…というか何かやりながら観ててあまり理解してなかったのかも。
 しかもケイトにプロポーズする時に渡すはずだった指輪をピーターのために使いおったwww
 萌えるなあー。

 連日暑くて部屋が40℃前後で死にそうです。ドライの方が冷房より電気食うってほんと…?
posted by 星路 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2013年07月10日

フィレンツェ3日目〜ナポリ

 6月29日、E君とK氏は朝にナポリに発ち、カプリ島へ。夜はナポリに戻って、結局我々と同じホテルに泊まる事になったらしい(笑)。私とD氏は午前中に荒木飛呂彦原画展をもう1度鑑賞し、午後にナポリへ行き、カプリ島は明日。

 原画展は昨日よりも人がいなくて、また思う存分舐めるように鑑賞しました。こんなに原画をじっくり見れたのは土浦桜比べの2回目までくらいです…。土浦は原画数点だけでしたが今回はけっこうな量なので、ほんと得した気分。

 出発時間まで適当にその辺の建物に入って時間を潰そうとしましたが(その辺にいくらでも歴史的建造物があるのがすごい…)、今日は土曜日。昨日まであまり人がいなかったので分かりませんでしたが、週末は日帰りや1泊旅行であろう近所の観光客が押し寄せてくるのだった! 日本人観光客は大勢でかたまって云々と言われますが、ツアー客はどこの国の人間も同じですね…。
 どこもかしこも行列でやる気をなくし、外側だけ見て退散。周りから見てるだけで充分すごいですけど。

 ナポリへはユーロスターの特急を利用しました。今度は乗り損なわないように、念入りに何度も掲示板を確認…。無事に列車に乗り込んでホッとした。ローマ〜ナポリ間がノンストップなので、けっこうなスピードです。
 ナポリはものすごく治安が悪いとの噂なので、めちゃめちゃビビりながらスリとかに合わないように念入りに準備。
 旅行会社も、ナポリだけは安全な良いホテルの設定をしてるらしく、追加料金無しで駅前の4つ星ホテルでした。今回の旅で唯一ポーターが付いた一番まともな部屋…(笑)。

 ホテルに荷物を置いた後、ジョルノとブチャラティが出会ったケーブルカー(トラム)に乗るべく移動。地下鉄の切符を買う場所が全然見つからず、20分くらいかかってようやくタバッキを発見。入り口ごとに切符売り場設置してよ! 我々は真面目に切符を買いましたが、他に切符持って刻印してる人がいない…。イタリアの地下鉄やバスは無銭乗車・キセルし放題のシステムで(ただしけっこう見回りがくるらしく、罰金も高額)、切符持ってる観光客はスリとかに狙われやすいのだとか…。そして時刻表とか全然無くて、次の電車がいつくるか分からない。
 地下鉄も危ないという噂なのでまた超ビビりながら乗りましたが、観光客や学生などもいて、それほど怖くなかった。駅前のガリバルディ広場が特に治安悪いと言われてるみたいでしたが、滞在中見た限りでは平和だった。
 地下鉄でナポリのガリバルディ駅からモンテサント駅まで行って下車。トラム乗り場を探してうろついていたら親切なおじさんが道を教えてくれました。
 トラムに乗って上まで行ったところ、なんと東京の繁華街のような普通の街があってびっくり。ケーブルカーで上るようなところだから、もっと山っぽい所かと思った! イタリアに来て初めて、観光地でない人の住む街を見た気がしました。新宿や渋谷とさして変わらない風景に、すごくホッとした。

 夜はカプリから戻ったE君とK氏と再び合流。ホテルからけっこう離れたピッツェリアに行きました。
Pizzeria Di Matteo
 ↑このピッツェリアに行きましたが、夜の22時を回るというのにすごい行列で30分〜1時間待ち! 心が折れかけましたが、故郷ネアポリスのマルゲリータを食うべくお腹を空かせてここまできたのに諦める訳にはいかない…!と、近くのトラットリアで前菜だけ食いつつ時間を潰し、また戻りました。
 入り口は狭いけど中は広く、2階席もありました。店員は超激務っぽく、立ちながら夜食であろうパンケーキとかつまんだりしてた。愛想良くしてくれようとしてるけどあんま目が笑ってないぞ(笑)!


 ピッツァはすごく安くて美味しかったですが、トラットリア入っちゃったのと夜遅くて疲れすぎてたのであまり食えなかった…。次はダ・ミケーレに行ってみたいなあ。

 食いきれなかったピッツァを抱えて、ホテルに帰ったのは24時過ぎでした。
 夜中のナポリを歩き回るなんて!と思いましたが、これもやはり危ないことは無かった。
 エネルギーの有り余った若者がバイクで街をビュンビュン走り回ってましたが、我々観光客に笑顔で手を振って行くような良い子たちで、あまり悪いのはいなさそうでした。日本の喧しい走り屋の方が質が悪いのでは…。後で聞いた話では、イタリアで頻発しているスリなどの犯罪はほとんど移民によるもので、イタリア人の犯罪は少ないとのことです。イタリアは若者の失業率が40%とすごくて、やる事なくて荒れたりしてるんだろうと思いますが、あんな良い子たちなのにと気の毒になります。なんとか経済立ち直ってほしいものです。
 ちょうど夜中のゴミ回収にも出くわしました。ゴミ捨て場は少しあふれ気味でしたが、街中ゴミだらけという事はなかったです。
 結局、運が良かったのか一番恐れていたナポリでも全く何事もなく、それほど治安が悪い感じもしなかった。今後情勢が変化したらどうなるかわかりませんが、現在のところはスリ対策をしっかりし、夜に独りで出歩くとかしなければ、そんなに恐れる事はなさそうです。
 D氏はスリ対策としてワイヤーだらけで行ったのですが、「そこまでせんでも大丈夫よw」と言われてた(笑)。
 私は腹巻き型の貴重品入れにパスポートと紙幣を入れてましたが、すごい安心感がありました。腹巻きオススメ! あとポケットに当面使うだけのお金の入ったがま口、盗られても痛くないバッグを手持ち。たすき掛けにするとひったくられた時に引きずられたりして危ないので、むしろスルッと持って行って貰えるように持つ方が良いらしい。もちろん危なそうな所では前に抱えて「気をつけてますよ!」アピールはした。
posted by 星路 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか

2013年07月09日

フィレンツェ2日目 荒木飛呂彦原画展 in GUCCI


 6月28日、いよいよ今回の旅のメインイベント、GUCCIの荒木飛呂彦原画展ッ!
 開場30分くらい前に着きましたが、集まってるファンの半分以上は日本人でした。そのうち日本から来てるのは半数くらい、あとはイタリア国内やイギリスに留学中の学生さんなど、割と近場の方も何名かいました。

 展示作品はSPURに掲載された『徐倫、GUCCIで飛ぶ』のイラストなど、徐倫メイン! 徐倫、というか、最近の女の子みんな可愛ええ!
 それからジョジョ5部から仙台、東京ジョジョ展のキービジュアルまでの比較的新しい作品、全部で60点くらいの展示がありました。
 仙台や東京と違ってすごく空いてて思う存分ゆっくり鑑賞できました。来て良かった〜!

 荒木先生の奥さんも見えて、みんなで記念撮影したりしました。
 奥さんを囲んでお話していたら、近くにいた白人グループが何となく遠巻きに見てて、1人の3部Tシャツのお兄さんが私のドルチェTシャツに気付いてアイコンタクトを送ってきた。せっかくなので彼らに「彼女はMrs. Arakiだよ」と教えてあげたら、「ホントデスカ!?」とみんな興奮あらわに寄ってきて、「アラキデスカ!? アラキドコニイマスカー!?」とか話しかけていた(笑)。
 私たちもアラキがどこにいるか知りたかったですが、がっつくようで聞きづらかったので助かりました(笑)。ガイジン遠慮ねえ…いや私らがガイジンですけど。先生は取材を受けているのか、別の場所に行ってるようでした。残念!

 以下フィレンツェ観光。写真が重いのでたたみます。
続きを読む
posted by 星路 at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか

2013年07月08日

ヴェネツィア3日目〜フィレンツェ


 6月27日、移動日なので遠出はせずに、ヴェネツィアの駅から橋を渡って歩ける範囲でウロウロしました。
 あまり観光客が行かなそうな路地を歩きましたが、めちゃめちゃ楽しい! これなら本島に泊まる価値あるなぁ。
 マスケラを店内で作ってる所があって、すごく美しくて格好良かった。マスケラは貰ったら困る土産かもしれませんが、ずらりと並んでるのを見ると本当にすごい。


 そしてメストレ駅からフィレンツェ行きの電車に乗る時にちょっと大きなトラブル発生。
 イタリアは発着ホームがあんまりちゃんと決まってないみたいで、早めに来て電光掲示板でホーム番号を確認します。6番と出たのでそこで待っていたのですが、発車時刻を何分か過ぎた頃、同じホームの隣、7番に立派な特急っぽいものが到着し、しばらく停車した後に走り始めた…と思ってふと7番の電光掲示板見たら、これが乗るべきフィレンツェ行き列車だった! ドッギャーン!
 電車が普通に何分か遅れるもんだから、また遅れてるんだろうとか思って全然気づかなかった(笑)! あと20〜30秒早く気づいてたら乗れたかも…。ガーン…。
 最悪の場合チケット丸々買い直しかと真っ青になってチケット買うカウンターに抗議しに行ったら、ここじゃなくて横の赤いボックスカウンター(スタッフが1名入っている、トラブルとか専用のカウンター?)に行けと言われる。10分くらい並んだのに…。
 D氏が一生懸命説明してくれて、結局次の電車で1人8ユーロ払えば乗れるという事が分かりました。追加の指定席料金という事でしょうか、車内で空いてる席を割り振ってくれました。
 旅行工程の最初の方で、移動時間にかなり余裕があったので良かったですが、冷や汗かきました。
 イタリア人は座席も指定受けてるのに超適当に座ってるっぽくて、人が乗ってくるたびに「そこは俺の席だよ!」みたいな事になってた(笑)。


 フィレンツェではクウェート出張中のパッショーネ阿佐ヶ谷ボス(笑)E君と合流、1年数ヶ月ぶりの再会を喜びました。
 夕食に入ったトラットリアがすごい美味しかった! 閉店間際でめっちゃ追い出しにかかられたけど! 申し訳なさそうにごめんねごめんね、だが早く出ていけ。みたいな(笑)。
 ティラミスがふわっふわ! もうふわっふわ! 殆どマスカルポーネと生クリームでできているのでしょうか。ティラミスの苦味が嫌いなんですが、これは全然苦くなかった。
 イタリアは本当に飯美味いなぁー。


 ふらりと入った教会がまたこんなの。これで入場無料って良いの!? と、募金籠にコインを入れてきた。「そんな事したら超ロウ属性に傾くじゃないですか(笑)」と言われましたが、私の人生すでにカオスルート決定してるので問題無い。
posted by 星路 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか

2013年07月07日

ビールと筋トレと刈り上げ

 アイリッシュパブでフィッシュ&チップスを食いビールを飲んで微妙に酔っ払いつつスポーツクラブに行った。
 筋トレと有酸素運動を少しやって、お風呂の後の髪の乾かなさ加減にイラついて髪を切りに行きました。
 けっこう伸びてましたが、刈り上げてくれるように美容師の兄ちゃんを説得するのがいつもながらめんどくせえ…。
 刈り上げてって言ったら刈り上げてくれりゃあいいのよッ!と言いたくなるのを抑えて粘り強くお願い。髪洗ってきたと言ってもまたシャンプーとトリートメントしてくれるし。全部切るから意味無いのにね…。
 なんか天辺のボリュームが多すぎる微妙な髪形になったけどまあ良いや…。なんでくしゃくしゃにしたがるんだろ?
posted by 星路 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツクラブ

2013年07月06日

寝まくり

DSC_0018.jpg
 ずっと睡眠不足だったのでひたすら寝て過ごした…。
 昼頃に部屋が暑くてどうしようもなくなったので外に避難。大戸屋でごはん食べてきた。外食で野菜が食べれるのは素晴らしいなぁ! やっぱり外食に限れば和食はダントツでヘルシーだと思うわ…。

 ついでにホワイトカラーのシーズン2の5巻を借りてきた。ケイトやっぱり死んでなかった! 最初、死んだと思わせて死んでなかったってパターンだよね…と思ってたらなかなか生きてた話にならなかったので本当に死んだかと思った。良かった良かった。
 今回はモジーが撃たれて死にそうになりましたが、彼のためにみんなが一致団結し、愛されっぷりが確認できてニヤニヤ。やっぱりチャーミングだよねモジーは!
posted by 星路 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2013年07月05日

筋トレ

 旅行前にスポーツクラブで体組成を計り、帰ってきてどれくらい変わってるだろう…と思ってまた計ってみたら、体重が1キロくらい増えて筋肉量減って体脂肪増えて体脂肪率が32.5%くらいになっていた。
 野菜とか殆ど食えなかったせいかなー? 飛行機では12時間も座りっぱなしで食事もおやつも2回ずつあったし、暇に任せてプレッツェルとかボリボリ食いまくってたし(笑)。
 だるいし膝が痛いので、軽く筋トレとストレッチだけしてきました。
posted by 星路 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツクラブ

2013年07月04日

ヴェネツィア2日目

 6月26日、ヴェネツィア観光は実質1日目。
 ホテルの朝ご飯は、菓子パンがメインで、コーンフレーク、ハム、チーズ、ヨーグルトくらいしかないバイキング形式。
 甘いものばっかりで辛い…。野菜が全くない。後で聞いた話では、イタリア人は朝は殆ど食べないとか。エスプレッソのみだったり、甘いパンを食べる事もありますが、塩辛い物は全く食べないそうです。

 バスでメストレ駅からヴェネツィア本島まで行くのですが、この駅でも切符の自動販売機がお札を受け付けませんでした。私の分1枚はクレジットカードで買えたのですが、D氏の分がどうしても買えず、もう一度私のカード使おうとしても何故か使えない。
 結局、タバッキ(タバコ屋、TABACCI。日本のキオスクみたいな駅の売店)でもう1枚買いました。タバッキのおっさんいわく、自販機はお釣りがちゃんと出なかったりしてアテにならないから使うな、だそうです…。
 やっと手に入れたバス+水上バスのヴァポレット12時間券(18ユーロ)はすごい役にたちました! 水上バスは時間通りに発着するので、イタリアなのに珍しく信頼できる交通機関…(笑)。


 ヴェネツィア本当上陸。どこを切り取っても絵はがきになる景色!
 写真多いのでたたみます。





続きを読む
posted by 星路 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか
000