2013年07月10日

フィレンツェ3日目〜ナポリ

 6月29日、E君とK氏は朝にナポリに発ち、カプリ島へ。夜はナポリに戻って、結局我々と同じホテルに泊まる事になったらしい(笑)。私とD氏は午前中に荒木飛呂彦原画展をもう1度鑑賞し、午後にナポリへ行き、カプリ島は明日。

 原画展は昨日よりも人がいなくて、また思う存分舐めるように鑑賞しました。こんなに原画をじっくり見れたのは土浦桜比べの2回目までくらいです…。土浦は原画数点だけでしたが今回はけっこうな量なので、ほんと得した気分。

 出発時間まで適当にその辺の建物に入って時間を潰そうとしましたが(その辺にいくらでも歴史的建造物があるのがすごい…)、今日は土曜日。昨日まであまり人がいなかったので分かりませんでしたが、週末は日帰りや1泊旅行であろう近所の観光客が押し寄せてくるのだった! 日本人観光客は大勢でかたまって云々と言われますが、ツアー客はどこの国の人間も同じですね…。
 どこもかしこも行列でやる気をなくし、外側だけ見て退散。周りから見てるだけで充分すごいですけど。

 ナポリへはユーロスターの特急を利用しました。今度は乗り損なわないように、念入りに何度も掲示板を確認…。無事に列車に乗り込んでホッとした。ローマ〜ナポリ間がノンストップなので、けっこうなスピードです。
 ナポリはものすごく治安が悪いとの噂なので、めちゃめちゃビビりながらスリとかに合わないように念入りに準備。
 旅行会社も、ナポリだけは安全な良いホテルの設定をしてるらしく、追加料金無しで駅前の4つ星ホテルでした。今回の旅で唯一ポーターが付いた一番まともな部屋…(笑)。

 ホテルに荷物を置いた後、ジョルノとブチャラティが出会ったケーブルカー(トラム)に乗るべく移動。地下鉄の切符を買う場所が全然見つからず、20分くらいかかってようやくタバッキを発見。入り口ごとに切符売り場設置してよ! 我々は真面目に切符を買いましたが、他に切符持って刻印してる人がいない…。イタリアの地下鉄やバスは無銭乗車・キセルし放題のシステムで(ただしけっこう見回りがくるらしく、罰金も高額)、切符持ってる観光客はスリとかに狙われやすいのだとか…。そして時刻表とか全然無くて、次の電車がいつくるか分からない。
 地下鉄も危ないという噂なのでまた超ビビりながら乗りましたが、観光客や学生などもいて、それほど怖くなかった。駅前のガリバルディ広場が特に治安悪いと言われてるみたいでしたが、滞在中見た限りでは平和だった。
 地下鉄でナポリのガリバルディ駅からモンテサント駅まで行って下車。トラム乗り場を探してうろついていたら親切なおじさんが道を教えてくれました。
 トラムに乗って上まで行ったところ、なんと東京の繁華街のような普通の街があってびっくり。ケーブルカーで上るようなところだから、もっと山っぽい所かと思った! イタリアに来て初めて、観光地でない人の住む街を見た気がしました。新宿や渋谷とさして変わらない風景に、すごくホッとした。

 夜はカプリから戻ったE君とK氏と再び合流。ホテルからけっこう離れたピッツェリアに行きました。
Pizzeria Di Matteo
 ↑このピッツェリアに行きましたが、夜の22時を回るというのにすごい行列で30分〜1時間待ち! 心が折れかけましたが、故郷ネアポリスのマルゲリータを食うべくお腹を空かせてここまできたのに諦める訳にはいかない…!と、近くのトラットリアで前菜だけ食いつつ時間を潰し、また戻りました。
 入り口は狭いけど中は広く、2階席もありました。店員は超激務っぽく、立ちながら夜食であろうパンケーキとかつまんだりしてた。愛想良くしてくれようとしてるけどあんま目が笑ってないぞ(笑)!


 ピッツァはすごく安くて美味しかったですが、トラットリア入っちゃったのと夜遅くて疲れすぎてたのであまり食えなかった…。次はダ・ミケーレに行ってみたいなあ。

 食いきれなかったピッツァを抱えて、ホテルに帰ったのは24時過ぎでした。
 夜中のナポリを歩き回るなんて!と思いましたが、これもやはり危ないことは無かった。
 エネルギーの有り余った若者がバイクで街をビュンビュン走り回ってましたが、我々観光客に笑顔で手を振って行くような良い子たちで、あまり悪いのはいなさそうでした。日本の喧しい走り屋の方が質が悪いのでは…。後で聞いた話では、イタリアで頻発しているスリなどの犯罪はほとんど移民によるもので、イタリア人の犯罪は少ないとのことです。イタリアは若者の失業率が40%とすごくて、やる事なくて荒れたりしてるんだろうと思いますが、あんな良い子たちなのにと気の毒になります。なんとか経済立ち直ってほしいものです。
 ちょうど夜中のゴミ回収にも出くわしました。ゴミ捨て場は少しあふれ気味でしたが、街中ゴミだらけという事はなかったです。
 結局、運が良かったのか一番恐れていたナポリでも全く何事もなく、それほど治安が悪い感じもしなかった。今後情勢が変化したらどうなるかわかりませんが、現在のところはスリ対策をしっかりし、夜に独りで出歩くとかしなければ、そんなに恐れる事はなさそうです。
 D氏はスリ対策としてワイヤーだらけで行ったのですが、「そこまでせんでも大丈夫よw」と言われてた(笑)。
 私は腹巻き型の貴重品入れにパスポートと紙幣を入れてましたが、すごい安心感がありました。腹巻きオススメ! あとポケットに当面使うだけのお金の入ったがま口、盗られても痛くないバッグを手持ち。たすき掛けにするとひったくられた時に引きずられたりして危ないので、むしろスルッと持って行って貰えるように持つ方が良いらしい。もちろん危なそうな所では前に抱えて「気をつけてますよ!」アピールはした。
posted by 星路 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか
000