2013年07月16日

ナポリ2日目〜カプリ島

 だんだん記憶が怪しくなってきましたがイタリアの話。

 6月30日、ナポリを発ってカプリ島へ。バスでベヴェレッロ港に行き、旅行会社に手配してもらったカプリ島ツアーに合流します。
 ネットで調べたら地下鉄よりバスの方がスリとか多いらしいですね。午前中だったせいかほとんど地元の学生やお年寄りって感じでしたが、時間によっては混んで危ないのかなー。

 港に着いたら日本語流暢なイタリア人お姉さんのガイドが出迎えてくれました。他のお客さんは皆ローマからバスで来るようで、ナポリから参加は私とD氏2名だけでした。全部で26名らしい。
 ここで見送りに来てくれたE君とK氏に別れを告げる。アリーベデルチ、次は日本で会おう!
 ガイドのお姉さんに「ローマからのバスが少し遅れてるみたいです。船の切符を買ってくるので、他の人達が到着するまでここで待っててね」と言われて搭乗口辺りで待っていると、しばらくして他の方々が到着。
 なぜかバスガイドのおばちゃんが到着するなり「2人が遅れるとみんな遅れるんですからね! 少し遅れただけで1時間2時間遅れてみんなに迷惑がかかるんですからね!」と説教が始まる。ここで待ってろって言われたのになんで怒られなきゃならんのじゃー! 遅れたのはてめーらだッ! と思いつつ時間がないのでハイハイと聞いていたら3回くらいリピートするので「分かりましたから!」と制止して搭乗口に急かす。
 しかし、どうやらこのおばちゃんはずっとこの調子らしく、別に私たちが叱られていた訳ではないらしい。第一印象が最悪だったのですが、帰りに再会してみると時間にうるさいだけで世話好きの(ちょっと喋りすぎだが)めちゃめちゃ良いガイドなのだった。帰りのバスでは有益な情報満載で「やべえこのおばちゃん最高!」となりました(笑)。



 そんなこんなで高速フェリーに乗ること50分くらい、カプリ島に到着。
 すごく良いお天気でしたが、残念ながら波が高く青の洞窟は入れませんでした…。昨日も同じような天気でしたが、E君とK氏も入れなかったとか。入れる率は50%以下で、5回来て5回とも入れなかった人や、3回来て3回とも入れた人などがいるとの事で、完全に運のようですね。
 代わりのプランとして、ガイドさんに「山に行きたいですか、やっぱり海が良いですか」と聞かれましたが満場一致で「海!」。島の周りをボートで巡るコースになりました。ガイドさんいわく、青の洞窟よりこっちの方が楽しいですよとの事。確かに洞窟は並んでちょっと入って終わりっぽい…。


 そしてやはりめちゃめちゃ楽しかったクルージング! 近くの小さい洞窟とか2、3ヶ所巡りましたが、青の洞窟でなくとも充分青くて美しかった。
 大学生っぽい女の子たちがキャッキャしてて可愛かった。おぱんつ丸見えだよお嬢さんキャッキャッ!
 操縦士は物静かなイケメンイタリア男だった。


 透明度が高い!
 カプリ島の上のほうにある茶色いホテル、5つ星よりも上のランクのホテルだそうです…。いったいどんなサービスがあるのだろう! 未知の世界だわー。

 クルージングの後はお昼。窓から海見えるレストランでしたが、他のお客さんが6人グループとか多めの人数だったので窓際の大きめの席に着き、私とD氏はもう一組の男女と一緒に少し奥の4人テーブルに座らされた。
 なんかちょっとアレな対応だねーとぼやきつつ、一緒になった方とどこに行ってきたか等の話をする。ここで我々は一般の方を相手に正直に「漫画家の原画展を観に来た」などと言うとドン引きされるかもしれないのでためらうところなのだが、あえて荒木飛呂彦先生の原画展のために来たとお話しました。
 そしたらなんと男性の方がすごいジョジョファンだった(笑)。何なのこの引力! 男性が以前イタリアに来た時の、コロッセオで表紙再現とか、サンジョルジョ・マッジョーレの船着き場とかの写真を見せて頂き、楽しくお話しました。変な席に隔離されて良かった(笑)!
 この後お2方は我々とは逆ルートでこれからフィレンツェ、ヴェネツィアに行く予定で、女性の方はイタリア初めてという事だったので、ぜひ原画展とサンジョルジョ・マッジョーレに行くように勧めておきました。

 バスツアーとかって参加したことなかったですが、とにかくお土産屋に連れて行かれますね(笑)。カプリ島で2ヶ所、ローマまでの道のりで1ヶ所立ち寄りました。
 カプリ島では一応最後のお土産屋が終わったらフリータイムだよという事でしたが、時間もないので途中で抜けて良いか聞いてみると、ガイドさんも分かっているようで「他の所も行ってみたいですよねー」と苦笑い。
 集合時間を聞いてからケーブルカーに乗り、カプリ島に来た真の目的である、ポルポの遺産が隠してあるトイレへ!


 トイレへの入り口はケーブルカー出口近くにありました。私は男子トイレに入れないので写真はD氏におまかせ(笑)。

 無事財宝を回収した後、ケーブルカーで戻ろうとたら切符が片道切符だった…。今まで買ってきた乗り物チケットは時間制だったので、これもそうかと思った。ずいぶん並んだ後で時間も迫っているので、また買いに戻るのかよ! と絶望しましたが、ケーブルカーは頻繁往復していたので何とか間に合った。
 まだ時間があったので、港の入り口辺りにあった露店でアーモンドを大量に買って帰りました。1袋100gくらい入ってて1.5ユーロだったので狂喜。連れていかれる土産屋より、露店とかの方が安くてうまそうなもの売ってる。

 ローマの話は長くなるのでまた今度。
posted by 星路 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか
000