2014年07月17日

三匹が斬るおわり

 無事に鬼平と『三匹が斬る』交換してもらい、最終回を観終わりました。

 大ショックな結末…たこの正体が京都奉行、板倉内膳正だった…って絶対後付け設定だろ!! 思わず3回繰り返して見たわ。
 何がショックって、長年好きなドラマだったにも関わらず初めて知った事ですが(笑)。こういうのは最終回とか見ないと知らずに終わってしまうもんなんですよね。
 しかし奉行はないでしょう…あんな噺家みたいな奉行があるか! 違和感ありまくり!
 まあだがそれがいいんですがね。奉行がどうやってまたたこに戻るのか、続も楽しみ!

 しかしなんで殿様と千石が連れだって去っていく終わりなのか…。子供のころは全くそんな事は思わなかったけど、これは腐女子サービス…。
posted by 星路 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など
000