2017年03月13日

ザ・コンサルタント 萌えつぶやきまとめ2

 時系列がバラバラですが萌えつぶやきまとめその2。

・ブラクストンも男くさくてすごい好きなんですけど、やっぱりクリスチャンが格好良くってな〜!
 クリスチャンのルックスが好きなんじゃ…。たぶん髪型が性癖ドンピシャなのだ。あの黒髪短髪が…。もうフェティシズムの域に入る。短ければ短いほど良い。
 そういえばポスター見て誰だか知らないけど眼鏡スーツ萌え黒ハートとか思って軽率に観に行ったんだった…恐ろしい罠だった…。

・農場の奥さんに「ドローレスって呼んで」と言われて「ドローレス」っていう前の「ンフゥ」が好き。どうでもいいけど一応呼んどくか感があふれてて(笑)。
 この冒頭の農場の夫婦を助ける会計士シーン大好きですね。
 ちょっと面倒くさそうではあったけど決して邪険にせず、節税対策をしてあげるのが良い。クリスチャンは無愛想で感情を見せないから冷たそうな印象を受けますけど、優しい人間だという事を示しているんですね。
 子ども時代に車の中で父親にけしかけられてる時に"They are new glasses"って言ってる時もとても嫌そうで辛そうだった…。
 クリスチャンの可愛さは人間らしい会話とかジョークとかを一生懸命学習しようとしてるAI萌えみたいなやつだと思うんですが、このシーンでは夫婦に法の抜け道を教えてあげており、ただバカ正直なだけの機械のような人間ではないということがわかる。

・クリスチャンのスコープ越しに見える死んだ目が好き。
・クリスチャンの射撃フォームがすっごい好き。銃撃を好きだと思った事ってあんまないんですが、あの構え…正確さ…安定感…美しい…気持ちいい…もっと見たい…見るドラッグだわ。
・ラストシーンの連続ライフル、等間隔で機械的な銃声が彼ならではの音でたまんないです。シネマシティは流石の重低音でした!
・クリスチャンのブーツ姿が好き。シルエットが美しい…。
・ブラクストンに締め上げられて"I'm sorry Braxton"て言ってるクリスチャンが萌える本当に萌える。
・クリスチャンが弟を呼ぶ時ブラクストン"ぬ"ってはっきり聞こえるのが萌える本当に萌える。
・クリスチャンの寝顔というかリラックスして弛緩しきってる顔が好き…ポロックを眺めながら寝てて電話で起きるとこの横顔とか好き…大好き…。守りたい…クリスチャンの寝ぼけ顔…。

・初めて社長の妹とエドに会った時クリスチャンの目がキョロキョロして2人の顔をうかがってるのが好き。
・デイナが徹夜で揃えた書類を見て"Hm"って満足そうに声を出すクリスチャンが好き。クリスチャンを一発で満足させる仕事をするデイナ・カミングスさんすげえ。ぜひうちのクリスチャンの嫁に…!
 学習によって無理やり出してる表情や言葉じゃなく、自然に漏れてる笑顔や声がとても貴重で愛おしい…。
・帳簿調べた後で社長の妹に"And?"てきかれて不気味にブツブツ言って暗算を始めるクリスチャンが好き。
 デイナと数学コンテストの話をしてる時のも好き。
 こういう人たちの頭の作りってどうなってるんだろう!!
 私たちは瞬時に人の表情を読んで理解できるけどクリスチャンにはできない。クリスチャンは数字を見て瞬時に計算ができるけど私たちにはできない。彼らには私たちとは別のものが見えてるんだろう…と思うと、まさしくdifferentであってnot less-thanなのでしょうね。

 あとベン・アフレックのインタビューきいてたら、会計士モードのクリスチャンが興奮して喋ってる時にちょっとどもり気味なのはベン・アフレックの素なのかなと思った。
 とにかくクリスチャンはいくら見てても飽きないくらい好き!
 というわけでとりあえず感想的な更新はこれで終わります。たぶん。
 しばらくはここには載せられないアレな絵を描くことに専念したいと思います…。
posted by 星路 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・コンサルタント
000