2014年07月28日

GODZILLA ネタバレ感想

 メタボゴジラめっちゃ可愛かったわー。ゴリラ顔なのがちょっと気に入らないですが。日本のゴジラは猫っぽい気がしますが、このゴジラは犬っぽい?
 今回のゴジラは日本版初代のリメイクらしいです。雰囲気とか初代っぽかった。なかなか姿を見せなくてじらしまくりなところとかも!
 以下ネタバレ感想。

 *

 なんとびっくり、ゴジラさんがヒーローに! なんだそりゃ! ゴジラさんは通りすがりになんとなく街を破壊してくだけの破壊神だろ! ガメラやモスラじゃあるまいしー。
 というツッコミはありますが、これはこれでまあ嬉しいというか…微妙な心境。
 民間人がいる吊り橋に米軍がミサイル打ち込みそうになった時、ゴジラさんが身を呈してミサイル止めたので(もちろん偶然)ゴジラさんヒーローやんw とか思ってたら本当にそっち方向に行ってアレ?ってなった。

 ゴジラ以外の怪獣が出るとは全く思ってなかったので、MUTOさんが出てきたときは「ゴジラの幼虫か…? また斬新な…(;´д`)」と思ってしまった(笑)。それもかなり長い間…。ゴジラさんなかなか出てこないから…。
 MUTOさんはパシリムの怪獣的なデザインで、ゴジラワールドには違和感あったけど、格好良かった。あのデザインは蚊かね、蚊! やっぱり飛ぶ怪獣は華があって良い。
 ゴジラさんは重厚なメタボボディでなかなかの貫禄。吠哮がド迫力でめっちゃ気持ちいい! なかなか姿を見せてくれないけど、これだけで何度も観たくなる!
 あとクライマックスの熱線攻撃は、くるぞくるぞ…キターーー!!! って感じで最高に盛り上がった。
 ゴジラさん倒れて復活すること2回くらい。疲れてすぐ寝ちゃうってことでいいですかね…。
 熱線攻撃でMUTO夫妻を倒して消耗したゴジラさん、しばらく眠ったあとむっくり起き上がり、最後は人間たちに見送られ爽やかに海に帰って行くのでした。
 やっぱりなんか違う(笑)。

 実際にはゴジラは自然のものであって人間を意図的に助けたわけではなく、MUTOと戦わせようという思惑がうまいこと行った結果なので、今後「ゴジラさんありがとう!」ムードになってる人類に地獄を見せてくれるのではないかと期待。
 すでに次回作の予定が決まってるらしいので、楽しみです。
posted by 星路 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102009508
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
000