2014年07月15日

骨折

 骨折した訳ではございません。
 ディック・フランシスのKindle化が先月から始まった〜! もう無人島に持っていく1冊を決めなくて良いんだぜ?

ディック・フランシス/骨折 (Kindle版)
 前に「父親と息子の確執というテーマが好き」ということでチラッと書きましたが、この骨折が格別大好き!
 このシリーズの中ではあまり人気ないのかと思ってましたが、レビュー少ないながらも5つ星ばっかで嬉しい。好きな人は好きなんだろうなー。
 高慢なツンツン少年がだんだんしおらしくなっていく様子が萌えなのでそういうのが好きな人はぜひお試しください(笑)。

 骨折はしてないけどだいぶ前に机にしこたまぶつけた足のくるぶし辺りがまだ痛くて、ヒビでも入ってたんじゃないかと思うこの頃…。
 あと根の治療が終わった歯(まだ痛い)の隣の歯が欠けた…。おい…。

posted by 星路 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年07月13日

芋煮ー


 ここ数日芋煮食いたいなーなどと思っていたら、駅の蕎麦屋で芋煮を発見してソッコーで券売機ポチる。
 蕎麦と芋煮のセットかと思ったら、芋煮の付け汁だった。山形民にはこの発想は無かった。うまいけど、蕎麦の汁には微妙…。
 しかしもしかしたら煮込みうどんとかにするとうまいかもしれんね。

 無事にLIFE!を見てきました。何度見ても良い。サントラ欲しい。
 ミニシアターってこないだ初めて行って今回2回目ですが、けっこう良いもんだな〜。
 ロキの人の吸血鬼映画がまた目黒のミニシアターでやってるらしいんで行きたい…。
posted by 星路 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年07月04日

燕陣内32歳!

 三匹が斬る!は1987年からで、その時期の水戸黄門は第17部だった! お新ちゃんが若いからだまされちゃったよ〜☆
 ついでに藤吉の人をぐぐってみたら、じじいになってもいい男だった…。今も劇団で活躍されているらしい。時代劇はやっぱ舞台俳優が多いのかね。
 そんで第11話でたここと小朝師匠が「燕陣内32歳!」と名乗っていた(笑)。若いなあ今の私より若いなあ…。
posted by 星路 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年07月03日

3KILL

 三匹が斬る!の10話目を見てたら、弥七親分の嫁のお新ちゃんと、お新ちゃんに横恋慕してた藤吉の人が2人でゲスト出演しててニヤニヤした。
 水戸黄門のシリーズだと4〜5くらいの頃かなーと思いましたが、三斬るってそんな古い作品だったっけ!?

 ところで一番好きな時代劇の水戸黄門と三斬るの共通点は、旅番組でもあるってとこね! 旅ってだけでときめく。
 そういや一番好きな少年漫画のうしおのとらも旅ってところが最高。
 あー旅行きたい。
posted by 星路 at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年06月28日

三匹が斬る!

 GEOに「三匹が斬る!」があったので借りてみた。
 たまにしか観てなかったので話とか全然覚えてませんが、やはり懐かしい。たぶん水戸黄門の次に好きな時代劇…。
 3匹があんな風に出会ったとは。おけいちゃんにあんな旅の動機があったとは。
 千石さんが一番好きだったんですが、子どもの頃はおっさんだと思っていた役所広司が、今見ると若い! ぴっちぴち!
 第1話は風呂屋でおっぱい祭りすげえ! おおらかな時代だったんだなあ。
 BGMに必殺仕事人のテーマの冒頭の部分が使われてるみたいですが、同じ所が制作してるのかな?
posted by 星路 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年06月23日

24

 いまさら24とか観てみたのですが、いまいち好みじゃなかった。
 ジャック・バウアーの行動力はすごいですが、意外とアホというか後先考えないというか…。
 身内に裏切り者がいるけど最後まで誰だか分からないというストーリー上、信頼できる仲間というのも1人もいないしなー。
 正義を追求しようとしてるとはっきり分かり、人間として尊敬できるようなキャラって大統領候補くらいか?
 そんでラストでバウアー嫁が死んでしまって、もうどこまで殺伐とさせるんだと! ストーリー半ばで娘を守って死んでしまうんじゃないかという感じのところがあったけど、よりによって最後に関係ないところで死んで終わるとは…。
 この先気になるのでもう少し見てみるかもしれない。
 リアルタイムドラマという斬新な作りで、ファーストシーズンでは色々実験途上なのかなと思いましたが、回を重ねたらこなれていくのではと期待。
posted by 星路 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年06月22日

バルテュス展

 昨日は錦糸町の映画館に行ったので、ついでに上野のバルテュス展に行ってきました。出不精&人混み嫌いなので、近所に来る用事でも無いと上野なんか行かん…。
 午後にゆっくり行きましたが、終了間際であまり空いてなかった。でも全然歩みが止まるわけでもなく、流れに沿ってじっくり観て行ったらちょうど良いスピードだった。

 バルテュスはロリコン画家として有名のようですが、ネコ好きでもあった! あちこちにネコが描かれてて萌えー。
 駅のポスター観てたら、ふとネコの尻のもふもふ感がすごい事に気付いて急に観に来たくなったわけですが、生はやっぱりすごかった! たまらんあの尻!
 物販でネコグッズ(違う)たくさん買って満足。
 ょぅι"ょの方も期待してましたが、初期の問題作は殆ど無くて、無難なのばっかりだった。
 あとバルテュス本人カッコ良すぎワロタ…。下手な日本人より袴姿が似合っておる! 変なフィギアとか作らなくても普通にポートレイト写真が売れるのでは(笑)。
posted by 星路 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年06月21日

ゴジラ

 聖飢魔II信者仲魔が、会社で貰ったTOHOシネマズの無料券がもうすぐ期限切れるからと、映画に誘ってくれました。
 初代ゴジラのリマスターをやってたので観てきた。まさか初代を映画館で観る機会があるとは!
 聖飢魔IIのミサのオープニングでは必ずゴジラのテーマが流れていたので、信者にとってはめちゃめちゃ聴き慣れた曲なわけですがフルバージョン聴いたのは初めて。改めてすごく良い曲で感動した…。
 映画もけっこう面白かった。私が子どもの頃くらいにはすでにマンネリ化していて、あんまり面白くない印象でしたが、1作目は全然違いますね。やっぱり、初めて得体の知れない怪物が出現して、あれはなんだ!ってなってる時が一番面白いのかなと思いました。
 ラストなどはパシフィック・リムと似たような展開で、これがモチーフか!と理解。他にも色々観て元ネタ探しをしてみたくなった。

 ついでに上野のバルテュス展に行きました。感想などはまた後で…。
posted by 星路 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年06月11日

ケビン・スペイシーかっこいい

 レンタル屋でかっちょいいケビン・スペイシーを見かけたので思わず借りてきた『House of Cards』。
 政治ドラマなので地味ですが悪徳政治家のケビン・スペイシーがハマっててたっぷり堪能できます。
 ケビン・スペイシーっつーとなんだかんだ言ってユージュアル・サスペクツくらいしか知らないような。子どもの頃に観てすごい衝撃だった。大人になってから見てないので、見直してみたい。
 他の作品も色々見てみたいなー。
posted by 星路 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年05月15日

2本立て

 最近ロキ役のトム・ヒドルストンが大ブームですが、トム様目当てに早稲田松竹まで映画観に行ってきた。
 今頃やってて奇跡、気付いて奇跡。
 2本立て映画ってのを初めて観た。両方良かったのでまた後ほど感想書きたいです。

 電車乗り間違えて帰りが遅くなって眠すぎ…。
posted by 星路 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年05月05日

ネイチャーと相棒

 昨日の映画はネイチャー3Dと相棒を観ました。

 ネイチャー3Dはけっこう凄かった。さすが3Dカメラで本物を撮影してるだけの事はある!
 生まれて初めてフラミンゴに興味を惹かれた。そしてなんか感極まって泣いた。フラミンゴって、ごちゃごちゃ群れてる映像ばっかりで面白くないイメージがあった…。ああいうふうに撮られてると、面白いわ!
 1日に真夏と真冬の世界を繰り返す山地とか、硫黄と酸の池とか、生き物以外の映像も美しいです。
 時間が短めで物足りない感じもしますが、映像は観て損はないと思います。ぜひ3Dで。

 相棒も面白かった。ドラマはすっかりご無沙汰してますが、捜一トリオとか相変わらずで良かった。
 設定は八丈島ですが、撮影は沖縄? 島に行ってみたい!
posted by 星路 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年05月01日

ジョマホらくがき


 ロキを描こうとして色々と失敗…うう。
 ソーロキの仲良し画像を集めてニヤついてる日々です。中の人たちがほんと仲良しなんだなぁ。
posted by 星路 at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年04月28日

アベンジャーズは面白い!

 2年前マイティ・ソー観た時の日記見たらロキ萌えだったらしい。そうかなー? あんま可愛くないけどなー? ソーよりはマシだが…。

 アベンジャーズも再び観てみましたが、こっちはやっぱキャラがみんな魅力的で良い。
 エージェント・フィル・コールソンがキャプテンにサインのおねだりしてるところとか、見逃してた。さり気なくキャップにぴったりくっついてて可愛いなー。
 ちなみについ最近知りましたが、コールソンさん主役のドラマやってるんですってね! しかも中の人が映画と同じで! コールソンさん大好きなので漲りまくってます。日本上陸はいつ…?
posted by 星路 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など

2014年04月27日

善徳女王おわり

 善徳女王を全話観終わりました。最初の方とか退屈なところもありましたが、後半はすごい面白かった。
 最後の方はほとんどピダムの恋のドラマって感じでしたが、ピダム好きには絶望のエンディングだった…。ちっとも楽しくないぞ!(号泣)
 ピダムは薄幸オーラがすごくて、トンマン女王と結婚できるとなった後は嬉しそうに笑ってるところとか全てが死亡フラグに見えたので、死亡エンドには驚きませんでした。しかし可哀想なやつだったので幸せになって欲しかったよ!
 ピダムはやはり殺人マシンのように人を斬りまくっている無双シーンが魅力的だったので、官職について大人しくなっちゃった時は寂しかったですが、最後は剣術の腕を存分にふるって死んだので良かった。
 トンマン女王も病に倒れ、程なくして死んじゃった。まだすごく若いのに〜! 切ないドラマだったなぁ。
posted by 星路 at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽・本など
000